ついに情報解禁!イギリスワーホリ2020 1月の申請方法

今回は、ついにイギリス大使館より情報が解禁されたイギリスワーホリ2020、1月の申請方法についてご紹介します。

申請方法

  • 募集時期

イギリスワーホリ2020も例年通り1月と7月の2回に分けて1000人が選ばれます。今回は1000人中の800人が選ばれる1回目の募集になります。

募集期間は2020年1月27日(月)正午12時から2020年1月29日正午12時の48時間です。

  • 応募方法

応募方法は、上記期間中にJapanYMS2020.BallotRequest@fco.gov.ukに必要事項を記入したメールを1通送ります。

メール題名:パスポートと同じ表記の申請者名、生年月日、パスポート番号

例:Mika Trouvaille, 06/01/1993, TL123456789

メール本文:下記項目を英語で記入します

  • Name (名前)
  • Date of birth(生年月日)
  • Passport Number(パスポート番号)
  • Mobile phone number (携帯電話番号)
  • メール送信後

まずは応募した方全員に確認の自動返信が送られてきます。この自動返信が届かない場合はメールアドレスが間違っている可能性があるので、必ず間違いのないように確認をして送りましょう。

また、イギリスワーホリの申請は期間中に応募した人の中からランダムに選ばれます。早い者勝ちではないので落ち着いて申請しましょう。

申請後は…

その後、選ばれた申請者には、2月5日に申請可能通知のメールと必要書類についてのメールが送られてきます。ここで初めて、イギリスワーホリに申請する権利が与えられます。

特にメールが送られてくる時間が決められているわけではないので、私の場合は仕事のお昼休みに確認したところ届いてなかったので落ちたのかなぁと思っていたら夕方4時ごろに届いていました。

そのメールは今でもスクリーンショットをして保存しています(笑)

残念ながら、選ばれなかった方へは2月7日に落選メールが送られてきます。

その後は、7月に第2回目が行われる予定です。

あくまでも当選した方にイギリスワーホリへ申請する権利が与えられ、スタート地点に立てるといった感じです。

改めて、難しいビザだなぁと思いますが申請権利を得るためにはメールを送らなければ何も始まりません。

イギリスワーホリについて気になる方は、イギリスワーホリの特徴についても紹介しているのでご覧ください。

ぜひ参考にしてみてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です