イギリスワーホリ お金の管理

今回は、これからイギリスワーホリや長期留学で渡英する方が日本からどのようにお金を持っていったらいいのか、また、現地で使えるカードやお金の管理方法についてご紹介します。

instagramも更新しています

渡英前

日本からお金を持っていく方法

  • 現金

現金の持ち込みは、必要最低限にしておきましょう。

£100あれば十分だと思います。なぜなら、イギリスはカード社会でカードが普及しているのでほとんどの場所で少額でもカードで支払いができます。

また、防犯の面でもイギリスではスリなどが多発しているので現金を多く持ち歩くよりもカードの方が安全です。

イギリスに到着後現金が必要になった際には、デビットカードなどを使いATMから現金の引き落としができます。

  • デビットカード・クレジットカード

クレジットカードよりも簡単に発行できるデビットカードはイギリスでもかなり普及しているので、渡英前に必ず準備しておきましょう。

私は、デビットカードをイギリスワーホリの準備をするまでもっていなかったので、渡英前にソニー銀行でデビットカードを発行し、渡英後現地で銀行口座を開設するまで利用しました。

イギリスではVISAとMastercardが主流で、JTBなどは使えないところが多いので必ずVISAかMastercardを持っていきましょう。

デビットカードは利用するたびに、口座から直接お金が引き落とされるのでアプリを利用しお金の管理も一目できます。

また、クレジットカードも1枚持って行っておくと何かあった時に安心なので、最低でもデビットカードとクレジットカード1枚づつ渡英前に用意しておきましょう。

渡英後

イギリスでのお金の管理方法

  • 現地銀行のデビットカード

渡英後は、ワーホリでのお給料も現地の口座に振り込まれるため、現地での銀行口座の開設が必要です。

そして、イギリスで口座を開設すると、デビットカードが一緒に発行されるので渡英後はそのデビットカードでの生活になります。

おすすめはネットバンクのMonzoです。

住所証明など必要なくオンラインで簡単に申し込みができるので、特にワーホリで渡英してすぐに住所証明が準備できない方でも安心です。

Monzoについてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

Monzoのアプリで毎月の支出をカテゴリーごとに見ることができるので、お金の管理もしやすいです。

逆に、イギリスでクレジットカードを作ろうと思うと審査も厳しく、必ず発行してもらえるわけではないので現地の方でもデビットカードを利用している方が多いです。

イギリスでのカードでの支払いの際は、£30以下はカードを機械にタッチするだけで支払いができ、iPhoneの方はアップルウォレットにカード情報を入れておくとカードを出さずiphoneをかざすだけで支払いが完了しとても簡単です。

海外送金

  • トランスファーワイズ(transfer wise)

日本からイギリスの口座、イギリスから日本の口座への送金をする際に便利なのが安くて速いトランスファーワイズです。

私の場合は、現在イギリスでワーホリでのお給料で生活しており日本の口座にたくさんお金が入っているわけではないのでコツコツ貯めて半年に1回トランスファーワイズを利用しMonzoから日本の口座にまとめて送金しています。

トランスファーワイズについてはこちらの記事で紹介しています。

イギリスワーホリでは渡英前の準備から渡英後にもお金がかかるので、しっかりとお金の管理をしておきたいですよね。

イギリスワーホリでかかる申請費用や、渡英前、渡英後にかかる費用ついては、こちらの記事で紹介しているのでぜひ一緒に参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です