ワーホリ ビジネス英語:電話編

今回は、イギリスワーホリで実際に受付として働いてる中でよく使うビジネス英語の電話編を紹介します。

今回紹介するフレーズは、仕事で使える英語なので丁寧な言い回しが多いです。

電話受け方

挨拶

  • Good morning/ good afternoon/Hello

  XX company(会社名) ○○(名前) is speaking

  How may I help you?

この後にHow are you?の会話が入ることもあります。

電話相手や電話の目的について聞く

  • May I know who’s calling, please? (電話相手を聞く)
  • May I ask what company you’re with?(会社名を聞く)
  • May I ask what it is regarding?(何についての電話なのかを聞く)

電話をとってすぐに話し始めた場合や早くて聞き取れない時などにも必ず相手を確認するために聞きます。

保留にする

  • One moment please. I’ll see if 〇〇 is available.
  • Would you mind holding for just a moment?

自分宛の電話じゃなかった場合や、確認に少し時間が必要なときに使うことができます。

メッセージを残すか聞く

  • I’m sorry, but 〇〇 is not here at the moment. Can I take a message?
  • Would you like to leave a message?
  • I’ll ask him to call you as soon as he gets back.

確認

  • Let me repeat that just to make sure. It’s 〇〇(名前) at XX(番号)?

もし、不安な場合は必ず最後にもう1度確認をしておくと安心です。

電話かけ方

挨拶

  • Good morning/ Good afternoon/ Hello

  This is 〇〇(名前)from XX(会社名).

電話の目的を伝える

  • May I speak to 〇〇(話したい人の名前)?
  • I’m calling to ask about/discuss/clarify…

電話をとった相手が別の人の場合には誰と話したいのかを伝えたり、この用件で電話しましたということを伝えます。

相手が不在の場合

  • Could you please take a message? Please tell her/him that…(伝言をお願いする)
  • When is she/he going to be back?(何時ごろ戻るのか)
  • Please tell her/him 〇〇(自分の名前) called. Ask her to call me back at XXX(自分の電話番号) (折り返しをお願いする)

話したい相手が不在の場合は要件によって伝言を残すのか、かけ直すのかを伝えます。

電話の終わり

  • Thank you for calling./ Thank you for your time.

  Have a nice day/evening! Bye.

留守電の場合

  • Hello, this is 〇〇(名前) calling. Could you please return my call as soon as possible. My number is XXX XXX(自分の電話番号). Thank you.
  • Hell, This is 〇〇. Calling from XX company. I’m calling I would like to confirm/inform that ○X○X(内容). If you have any question, please call me back on XXX XXX(電話番号). Thank you.

相手が留守電の場合も、電話の要件によって折り返してもらうのか、短い内容であればそのまま伝言に残します。電話番号は繰り返しで2回言っておくと安心です。

困ったときに使えるフレーズ

  • Could you please repeat that?(内容を繰り返してもらう)
  • Would you mind spelling that for me?(スペルを聞く)
  • Can you speak a little slower, please. (ゆっくり話してもらう)
  • Could you send me an email with the detailed?(メールで内容を送ってもらう)

わからないことをうやむやにしてしまう事が電話の際には1番やってはいけない事です。

必ずわからない事があれば聞き返して、どうしても聞き取れない場合はメールで送ってもらうのも一つの手段です。

また、スペルを聞く際にはこのサイトで紹介されているような言い回しを使って教えてくれます。逆に同じようにNATOのスペル表を手元に持っておくと相手にスペルを伝えるときに便利です。

失敗から学ぶ

私は英語もあまりできない状態で仕事を始め、電話でもたくさんの失敗をしてきました。ちゃんと聞き取れずに、内容がはっきりとわかっていないまま上司に電話をつないでちょっと怒られたこともあります。

でも、そのたくさんの失敗があったからこそ学んだこともたくさんあります。英語での電話が不安な方に向けて言えることは、とにかく数をこなすことです。

何度も電話をとっているうちに少しずつ相手が何をいっているのか聞き取れるようになり、失敗があったからこそ次はこの言い回しを使えばいいのかと新しいフレーズを身につける事ができます。

1年働いていてもいまだに聞き取れないことや失敗する事があります。

ぜひ、一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です