パリ旅行記【2日目:Cafe de Flore/パリの老舗カフェ】

今回は、私の2泊3日パリ旅行2日目に訪れたパリの老舗カフェでの朝ごはんをご紹介します。

Cafe de flore

カフェドフロールは1887年創業の老舗カフェで、パリ6区サン・ジェルマン・デ・プレに位置しています。

フロール(花)の店名の通り、お店の周りには花がふんだんに飾られおり、ひときは目を引きます

オープン以来パリの文学者達がカフェドフロールに訪れ、日々熱い討論を交わし、その後は映画関係者なども多く集まるようになったんだとか。

現在カフェドフロールは世界でも有名なカフェのひとつとなり、多くの人々に愛されています。

美味しい朝食

パリ旅行1日目にたくさん歩き疲れていたので、2日目は少し遅めのスタート。

カフェドフロールへは10時ごろ到着

ギャルソン(ウェイター)にボンジュールと声をかけて自分で席を見つけて座ります

(私は海外旅行の時、現地の言葉が喋れなくても簡単な挨拶とありがとうだけは必ず現地の言葉を事前に覚えて旅行中は言うようにしています)

やはりテラス席が人気のようでテラス席のエリアはお客さんで賑わっており、店内は空席がたくさんありました

私もテラス席に空席を見つけたので、座ります

カフェドフロールはガイドブックなどにも載っている有名老舗カフェなので、観光客らしき方も多く朝食を楽しんでいました。

カフェドフロールのメニューは小さな冊子のようになっており、私はその中からコーヒーとクロワッサンをオーダー

このセットでお会計が確か€8ほど

ひとり旅だとたくさんオーダーしてシェアなどができないのが少し不便ですが、パリのカフェでひとりでのんびりできるのも贅沢な時間の使い方なのかなぁと思います。

店内を見渡してみると、常連の方も多く訪れているようで歴史の長いカフェならではの雰囲気があります

ゆっくりコーヒーを飲みながら、午後にいくルーブル美術館をどのように回るか計画しました。

adress:172 Boulevard Saint-Germain, 75006 

open: everyday 7:30-1:30

site:https://cafedeflore.fr

オンラインショップではカフェドフロールで実際に使用されているデザインと同じ食器などの販売も行われています。シンプルながらも洗練されたデザインが素敵です。

せっかくのパリ旅行、朝普段よりも少しだけ早起きして現地のカフェで朝ごはんを楽しむことでさらに充実したパリ旅行になると思います。

ぜひ、参考にしてみてくださいね

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です