イギリス ロンドンの治安2020

今回は、これからロンドンでの生活や留学を考えてる方が気になることのひとつ、ロンドンの治安について私が実際にロンドンに住んでみて知ったイギリス ロンドンの本当の治安とその対策についてご紹介していきます。

http://instagram.com/trouvaillog

ロンドンは安全?

現在、世界中様々な場所で悲惨なテロが起きたり、事件事故が起きています。

そして、ロンドンでも2019年ロンドンブリッジの近くでテロが起き、ロンドンのテロ警戒レベルは引き上げられています。

しかし、普段ロンドンで生活をしていて感じるのは、ロンドンの治安は世界的大都市の中では比較的安全な方だということです。

  • 警備態勢

まず、普段から街ではよく警察官の方が2人1組になって巡回している姿を見かけます。

そして、夜帰宅が11時ごろになる時には家の近くでパトカーが巡回しているところを週2回ほど見かけます。

  • CCTVがいたるところにある

そして、ロンドンの街の特徴のひとつが防犯カメラ(CCTV)がいたるところにあることです。

ロンドン名物の赤いバス内はもちろん、路地にも一定間隔で設置されておりむしろプライバシーは大丈夫なのかなと思う時もあります。

しかし、この警察官のパトロールとCCTVがロンドンでの犯罪の抑止力になっていると思います。

ロンドンで多い犯罪

  • スリ

ロンドンの中でも特に観光地で多い犯罪が、スリです。観光客の多く集まるウエストミンスターの周辺は昨年のロンドンでのスリ被害の件数第1位です。

どうしても観光地で人が多いと人々の注意力も散漫しているので、狙われやすくなります。

  • ひったくり

これは特に歩きスマホを狙って起きています。歩きスマホをしていてバイクでひったくられたり、私は一度女の子が男性から無理やりスマホを取られそになっているところに出くわしました。

それは、ワーホリで渡英して3日目のステイ先でのことです。外から大きな声が聞こえたので窓の外を見ると、女の子と男の子がじゃれあっているように見えました。

しかし、途中で明らかに男性の方が無理やり女の子からスマホを取ろうとしていることに気付き、通りすがりの車などが止まって助けに行くと男性は逃げていき、女の子は怪我もなくスマホも無事でした。

特に、歩きスマホをしながら音楽を聴いていると近付いてくる危険に気づきづらく、狙われやすくなるので注意しましょう。

  • ナイフでの犯罪

ロンドンでは銃規制がされているので、銃での犯罪は少ないですがその分ナイフでの犯罪が多いです。主にギャングがらみで起きているようで、私の身近では実際に起きていませんが、なるべく人通りの少ないところや自分が少しでも危険と感じたら近寄らないようにしましょう。

自分でできる対策

  • 財布や携帯はポケットではなくバックの中に入れておく
  • 歩きスマホをしない
  • カフェやレストランで荷物を置いて席を離れない
  • 人通りの少ない道には入らない(特に東南エリア)
  • 電車やバスでは絶対に寝ない
  • 多額の現金を持ち歩かない
  • ATMでお金を降ろす時には近くに人がいないことを確認してからおろす
  • 帰宅ルートを常に確保しておく(特に夜は長距離歩かなくていいようにする)

今回は、ロンドンで実際に住んでいて感じるロンドンの治安と対策についてご紹介しました。

幸いにも自分が被害にあっったり怖い経験をしたことはありませんが、時々ひったくりや電車でうたた寝をしてしまい携帯を盗られてしまったという話も聞きます。

まずは、自分でできる対策をして怖い思いをせずにロンドンでの生活、観光を楽しみましょう。

ぜひ、参考にしてみてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です