April 2020

今回はロックダウン中のイギリス・ロンドンでイギリスワーホリ中の私が毎週欠かさなかった2つのことについて紹介します。

おそらく、イギリスに住む方の中には私と同じように毎週欠かさなかった方も多いんじゃないかなぁと思います。

木曜8時/Thursday 8pm

Clap for NHS

イギリスで3月26日(木)から毎週木曜日の夜8時に窓を開けて、医療従事者をはじめ、現在私たちの生活のために働いてくれている方々に向けて拍手で感謝を伝えます。

8時に窓を開けると、毎週その拍手の音は大きくなっておりイギリスに住む多くの方がこの活動に参加していることがわかります。

ロックダウンが長くなればなるほど、人々のロックダウンに対する意識が薄れてきがちですが毎週行うことで、私たちは今働いてくれている人の為にも自宅にいなきゃいけないという意識につながっていると思います。

そして、1日1回の運動のために外に出ると家の窓に”Thank you NHS!”のメッセージが書かれた子供たちの絵が飾られているのを見かけます。

  • 今後のイギリスワーホリ生活

イギリスワーホリは2年間という限られた時間で今自宅にいてましてや仕事も休みになっていますが、幸いなことに5月30日までの給料の8割を政府が負担をするので今変わらずロンドンで生活ができています。

仕事がいつから始まるかも決まっておらず、今週中に政府より発表される今後のガイドライン次第だと思います。

土曜8時/Saturday 8pm

Britains got talent (BGT)

2007年から始まったイギリスのオーディション番組ブリテンズゴットタレントは審査員の1人サイモンが作った人気番組です。

毎年春から夏にかけて放送されるブリテンズゴットタレントは老若男女問わず人気(私の住む家の大家さん家族はみんな好き)の番組で、毎週欠かさず見ています。

審査員はサイモン、アマンダ、アリーシャ、デヴィッドの4人、参加者は歌ったりダンスをしたりマジックを披露したりします。

毎年多くのドラマが生まれるブリテンズゴットタレント。日本にいるときによくYouTubeで見ていた番組なので今本場でテレビで観れていることが嬉しい。

公式Youtubeチャンネルで見ることもできます。和訳をつけた動画をアップしているチャンネルもあるので英語の勉強ついでにぜひ。イギリス訛りの英語を聞くこともできます。

イギリス生活が1年と1ヶ月が過ぎ、4月は毎日家での生活でした。私の人生を通しても初めての経験です。5月はどんな1ヶ月になるのかな先はまだまだわかりませんが、早く仕事に戻れる日が待ち遠しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です